特定非営利活動法人

歴史の道

東海道宿駅会議

『NPO歴史の道 東海道宿駅会議』は、東海道および宿場の保存伝承に関する事業を行い、地域の活性化に寄与することを目的とし2003年に設立された団体です。

社会教育、街づくり、文化、芸術、スポーツの振興に関する活動を行っています。

基調講演、ディスカション、宿場ウォークなど。毎年秋に開催。


合格者は「東海道マイスター」。

東京、愛知、大阪など、全国数カ所で春に開催。

1988年の第1回から現在までのシンポジウムご紹介。

東海道検定トピックス!!

2022年3月6日実施の「第14回 歴史の道 東海道検定」にて静岡地区で受検された小学3年生、蔵本拓海君(9才)がみごとに合格されました。

蔵本君はご両親と宿駅やお城、砦を探訪されています。

全国の歴史ファンの子供さんも、ぜひ東海道検定にチャレンジしてくださいね!

2022年 第14回 東海道検定(終了しました。解答を掲載しています)

日程:令和4年3月6日(日)

受検会場:東京、神奈川、静岡、愛知、三重、滋賀、京/大阪(7会場)

詳細はこちら

・ 五十三次、五十七次のすべての宿場は、昔のように手をつなぎ合います。

・ 宿場歴史館などの設立運動を支援協力します。

・ 旧東海道筋の街道の風物、松並木などの保存育成活動を進めます。

・ 健康づくり、思い出作りのためのウォーキングを行います。

・ 歴史文化の学習研鑚をされる方々に地域ボランティアガイド活動を行います。

・ 東海道シンポジウムを年1回どこかの宿場にて行います。


宿場単位の参加、個人参加、団体グループ参加、賛助参加いづれも是非ご入会をお待ちいたします。